書類提出ってやっぱり面倒?

ローンの審査に申し込みをしたら、必要な書類の提出があります。この必要書類というのは、ローンによって実に様々です。住宅ローンでは、数段階の審査に合わせてその都度提出書類があったり、提出する書類も多かったりと準備に手間がかかることもあります。色々な所から書類を取り寄せるのは、時間もかかるものですね。しかし、カードローンでは、提出書類はとても少なくなっているのが大きな特徴です。

カードローンでは、自動車運転免許証などの本人確認書類、給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書類のみで申し込みができるものが多いのです。金融機関によって、本人確認書類と認められるもの、収入証明書として認められるものが違っていることもあり、申し込み前に確認が必要です。また、申し込みをする限度額によっては、収入証明書を提出する必要がないものもあります。

サラ金では50万円以下の限度額で申し込みをするなら、原則として収入証明書は必要ありません。また、銀行カードローンではそれぞれの銀行ごとに違っています。50万円以下のところもあれば、100万円、200万円、300万円以下の限度額までなら収入証明書を提出せずに申し込みできるものもあります。

また、銀行カードローンでは、口座を開設しなければ利用できないものもあります。そういったカードローンでは、口座開設のための書類や手続きが必要です。しかし口座開設なしで利用できる銀行カードローンもあります。また、もともと自分が口座を持っている銀行のカードローンを選べば、口座開設の手続きは必要ないですし、本人確認書類などもなし、全く書類の提出なしで申し込みができることもあります。

書類を提出しなければいけない場合でも、スマホのアプリを使って簡単に提出できるローンも見つかります。申し込み時にできるだけ手間を減らしたいのなら、提出書類を最小限にできるローンを探してみるのもよいでしょう。また、もしも提出するとしても、手間がかからないローンを見つけるというのもおすすめです。どうしても申し込み前はその手間が気になりますが、今は各金融機関も手間なく申し込みができる方法を揃えています。自分が一番申し込みやすそうと感じるローンを見つけることが大切になりそうですね。
サラ金の金利比較ランキング【即日融資も可能】おすすめ大手4社サラ金はこちら